2007年09月04日

タイヤ入荷、そして交換







本日3日月曜日の朝、週に2回は出かけていたタイヤ屋から電話があり、待望のニュータイヤが入荷したとのこと。

しかも、このサイズ、この国では、DunlopとGoodYearにしかないようで、結構ほかの人が探しているのに遭遇しました。
きのうは、ピレリとファイアストンの取扱店で似たようなサイズを探していたら、私と同じサイズを探しにオッさんがやって来たのでした。
ないと聞いて、中古を探すといって帰っていきましたが、新品がほとんど出回らないタイヤの中古なんて、あってもボロボロですよ・・・

さて、交換するタイヤを見ると、相当歪んで磨耗していました。
Rs[ ` DSC00679.JPG

Rs[ ` DSC00680.JPG

Rs[ ` DSC00681.JPG


しかも、タイヤの中には大量の水が・・・???
Rs[ ` DSC00682.JPG

多分、空気を入れるときに使っているガススタのコンプレッサー&タンクの水抜きをほとんどやってないのと、水トラップを使ってないのでしょう。
前にパンクしたときなど、開いた穴から水が噴出しましたもんね。
こんなので、バランスが取れるわけないですねー。
しかも、偏磨耗と・・・

この水によるアンバランス、結構あるのですよ。
BMWの工場長を知っているのですが、以前に何回も同じクレームがあって、タイヤのバランス取りを10回以上やったそうです。結局タイヤとリムを外してみると、中で水が踊っていたそうです。
今回の私のは、タイヤもダメになっていましたが、外観だけが良くても、変なことが起こるときは起こるのでした。

ちなみに、このバン、買ったときは255/70R15が付いてました。
ネットで調べた純正サイズは、245/75R16なんですよ。これは新品時の外径が780mmなのですが、私のタイヤは、275/60R15でして、外径がかなり小さいのです。新品時で711mmですから、9%弱小さいことになります。
このサイズ、メキシコで友人から買ったサバに付いていたサイズで、ローダウン、9Jホイールだったので、結構カッコよかったのですが、今のはドノーマルなため、タイヤハウスがスカスカです。でも、カーブをグリップ限界に近い速度で曲がる際には、ロールしても、全く干渉することがないので、気に入ってます。ただ、ホイールが7.5Jなので、タイヤがパンパンです。でも、絶対にホイールに傷がつかないという大きなメリットもあります。なお、この幅でも一応使えるホイールリストの下限幅でした。
ホイールにダメージがあるときは、タイヤが再使用不能になるようなダメージを受けたときでしょうね。

そういうことですので、私の速度情報と燃費情報は正確ではありません。
一度、テクトムのGテックで0−100km/h加速をやって較べてみたいですね。

私の走りに耐えるというのは、グリップ限界領域を頻繁に使うからなのでした。


posted by サバ57_7 at 09:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

仕事の遅い税関

今月に入ってから、後輪の調子が非常に目立って悪化してきたので、交換しようと思い、前輪と同じタイヤを買おうと思ってタイヤ屋へ行ったのが今月10日です。ちょっとサイズが特殊なので、売り切れると次の輸入貨物到着を待たねばならないので、サイズ変更を考慮中ですが・・・

さて、13日にコンテナが到着するので、次週以降ということで15日にいったら、まだ通関出来てないということでした。
また来週ということになり、21日に行ったら、まだ通関未完了、また来週。

そして29日、まだ未通関!
しかも、欲しいタイヤサイズがあるかどうかすらわからんらしいので、困ったものです。(このタイヤ屋の言うことも、どこまで本当か疑問だが・・・)

それにしても、ここの国の税関、仕事をしませんねー。
いくら仕事がたまろうとも、時間が来たら帰りますから、当然ですね。
ちなみに国境では、通関待ちのトレーラーが一日中並んでます。
時間が来たら税関は仕事をしなくなるので、通関待ちの連中はその日は泊まらなければなりませんから、国境の町は大儲けです。(私も、システムが落ちたからといわれ、国境に3泊もしたことがある。)

こんなので、日本企業にどんどん工場進出をしてくれなどと大使に対して、のたまう政府高官たち、バカです。
いかに現場を知らないかが良くわかります。

でも、前輪と後輪でサイズが変わることよりも、標準サイズに近いサイズのタイヤにはハイグリップタイヤがない(ライトトラック用になってしまう)ので、私の走りには耐えられないんですよねー、どうしましょ?
posted by サバ57_7 at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

引っ越してきました

今後はこちらのみの更新にします。

それにしても、前のブログが突然の閉鎖通知ですから、あせってしまいました。

それでは、今後もよろしくお願いします。
posted by サバ57_7 at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

テールゲートがやっと自立

先日テールゲートだけを交換したものの、ショックアブソーバに取り付け位置の問題で、開いたままにはならなかったテールゲートに、ようやくショックアブソーバを取り付けました。

今までは棒で何とかしのいでいましたが、やっとまともになりました。

でも、結構大変でしたねー。

ガーニッシュを前の車のものと交換し、車体に9mmの穴をあけ、ナットを買ってきて取り付け部のボルトの頭が球状になったものを取り付け、それからやっとショックアブソーバ取り付けですから・・・

それにしても、こういう時工具がそろっていると便利ですねー。
切れなくなったドリルの刃なんか、リューターやダイヤモンドヤスリで先を研げば、結構復活しますし・・・
今回は小さい先の細いバイスグリップが大活躍でした。
指の入らないところにナットを持っていくのにGoodでした。これが無かったら、かなりイラついていたでしょうね。

あとは、テールゲート内側のガーニッシュを取り付けるだけですが、ここでちょっと細工をしたいので、まだやっていません。

これはまた後日ということで。
posted by サバ57_7 at 06:22| Comment(4) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

Car SHow に行ってきました

昨日掃除した車を、前に住んでいたところのCar Show に持っていってきました。

DSC00623.jpg
Mazda車が、3・7・8と並んでいます。

DSC00626.jpg

DSC00627.jpg
嘉門達夫の歌で、「祭りになるとやたら出てくるヤンキーの兄ちゃん」 というのがありましたが、こちらでは、「祭りになるとやたら出てくる行商のオバちゃんやオッさん」 なのです。
このオバちゃんたち、家で作ったフライドチキンやコッペパンにいろいろなものをはさんだサンドイッチもどきのものを売りまくっています。
これが安いんですが、腹をこわしても、誰が売ったかはわからないので、自己責任なのです。

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20DSC00633.jpg
カーボン調の三菱マークを売ってました。オリジナルは赤しかないのですが、パクリもここまでやるとオリジナルになれる!、ワケはないのでした。



%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20DSC00638.jpg
ステージでポーズを取っている今日だけキャンギャルのオネェちゃんのうちの一人です。
ラテンアメリカでは今も昔も流行ったままの腹出しルックです。
この腹出し、妊婦まで腹をさらしているのが結構いますから、初めて見たらびっくりするか呆れるかのどちらかでしょうね。


でも、このオネェちゃんたち、腹出し用のTシャツではないので、すごい工夫で乗り切ってます、腹を出すために・・・
DSC00646.jpg
DSC00644.jpg
背中でポロシャツを内側に巻き込んでいました。

別バージョンは、
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20DSC00634.jpg
背中でコブを作って腹を出してます。

いやー、多分探せばまだまだ他の手法があるかもしれませんが、何せ人が多くてそれどころではありませんでした。
私は外観審査の採点をさせられたので、結構忙しかったのでした。

しかし、腹出しをするために、皆さん気を使って前の無駄毛(ヘソから下)はお手入れ済みでしたが、背中が無防備でしたねー。(当然、スネ毛はお手入れ済み)
もともと茶髪や金髪の人は目立ちませんが、黒髪の人はその他の毛も黒いので、結構目立つんですよ。

ちなみに、上のポーズを取っていたオネェちゃんは、背中もお手入れ済みでした。誰が剃ったのかは謎???

さて、ちょっとアメ車についてです。
DSC00636.jpg
Ford F250 ですが、22インチのホイールでした。重そうです。
しかも、$マークのフリーホイール付スピンナが付いてました。走ってたら見えませんが・・・。

どこの世界でも金持ちの道楽はすごいです。
このF250、車全体がオーディオのお化けで、17インチの液晶ディスプレイに、プレイステーションまで装備してました。
絶対に路上駐車できませんね。
posted by サバ57_7 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

これで走ってるの?

今日は、明日のイベントに備えて、もう一台の車の掃除をやりに行ってきました。

歯ブラシで細かいところまでシコシコと埋まりこんだワックスカスなんかを取ったりしました。

そのとき、面白い修理中の車を見かけたので、参考までに見てくださいね。

DSC00622.jpg
すごいハミタイです。しかも、上に余裕がまったくない!

DSC00621.jpg
タイヤハウスにあたってタイヤがめくれてました・・・
大丈夫か?

ちなみにタイヤサイズは
DSC00618.jpg

車はマツダの323(日本ではファミリア)、225/60R16なんて、無謀ですねー。
しかも、オフセットにも無理があるような・・・

サスペンションが上下することをまったく無視してタイヤを装着するんですねー、単なる見た目でハマレばOK、なのでした。

まぁ、古い車なんて、こんなのが多いですから、もう見慣れてしまいましたが。
中には、磨耗の限界をとっくに超えたタイヤでスチールベルトで道路を引っかきながら走っている車、サイドブレーキが固着しているのに、そのまま無理に走っている車(FF車なのでありえる)、などなど・・・、すごいです。
posted by サバ57_7 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

新旧比較

新旧といっても、93年新車登録と95年新車登録ですから、大して違わないのですが、とりあえず比較してみました。

なお、93年新車登録のものは、車台番号から92年生産と判明!
よって、この外観のものの初年度生産車、いわゆる立ち上がりモデルです。

DSC00522.jpg

DSC00523.jpg

DSC00524.jpg

外観は98年くらいまでのとそんなに変わらないですね。

内装はカクカクしている。
ステアリングにはエアバグがない。
メーターは180km/hフルスケールでマイル表示無し。完全なメキシコ仕向け。
ステレオはメーターパネル外にあり。
フロントはセパレートシート。(2-3-3人がけ)
3列シートにはシートベルトがない。
ルーフレールが、なぜかあり。
総走行距離は23万km強!
ホイールは社外品。


DSC00519.jpg

DSC00527.jpg

DSC00528.jpg

内装は丸っぽい。
ステアリングにエアバッグがないのは一緒ですが、カニの甲羅みたいに膨らんでいる。中身は空洞ですのでエアバッグ付との共用化でしょうね。
メーターはフルスケール200km/hでマイル表示あり。カナダ向けとの共用かな?
ステレオがメーターパネル内にある。
フロントシートがベンチシートで3人がけ。(3-3-3人がけ)
3列シートにもシートベルがある。
ルーフレールがない。
総走行距離は10万kmいってない!
ホイールは純正。

ただ、アメリカやカナダ向けに装着されているという150km/hの速度リッミタがどちらにもないようで、どっちもメーターを振り切ります。4速には入らず、3速で引っ張る状態ですが・・・

少しづつ、状態のいいものだけ剥ぎ取りながら交換していこうと思います。
あとはバラ売りします。
丸ごと買取が500ドルと足元見られましたからねー。
リヤゲートガラスだけで600ドルも吹っかけておきながらですから、バラ売りが吉でしょう。
リヤサイドガラスは中古なんかまず出てこないらしいので、ストックしておくことにします。
でも、ガラス屋とはケンカしてますから、自分で外すことになりそうですね。
平面ガラスですから、適当にやってみることにします。
曲面で、割れたガラスの処理もあったので前回はプロ(と思って)に頼んだのですが、プロではなかったですからねー。

工賃は安いですが、吹っかけられたり、壊されたりするので、用心が必要ですね。
posted by サバ57_7 at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ゲートごとガラス交換が出来ない!

交換するほうのガラスのゲートにはリヤワイパーがありません。
これで、ワイパーユニットを盗むための破壊行為からは避けられます。
ないものは盗みようがないですからね。
DSC00520.jpg

破壊されたほうのガラスのついているゲートですが、
DSC00517.jpg

これを比べると、ショックアブソーバーの位置が違うので、ゲートごとの交換は出来ません。

仕方がないので、月曜日にガラス屋を呼んでもらってガラスを外しての交換となったのですが、ここでとんでもないことが起きて、しまったのでした。

2人でやってきたガラス屋、針金で接着部分を切り取りにかかりました。
ここまではいいのですが、結構手間取るので、何を思ったか、内装のプラスチック枠を無理やり剥がそうとして、サイドのカバーを破壊して落下させたのです。見ていたんですよ、この時・・・
ヒンジ部分を確認したかったんだそうですわ。

当然文句をいいましたよ。
「下にあるものを外すときには、上にあるものを外すのはあたりまえ。ビスで留まっているものを無理やり外したら壊れるだろうが!」
そしたら、
「これは最初から外れて落ちていた。ワシらはこのカバーしか外してない!」
まぁ、よく言うわ、現場を見ていたんですがね。
しかも、取り付け部が破壊されたビスの部分、たった今壊れたという破壊部分がしっかりと見えてました。壊れて長期間放置したら、その破壊部分は色が変わりますから、たった今壊れた部分との差は歴然としています。
いくら部品取りの車といっても、壊す必要のないところまで壊さんでもええやろ!
ゲートの内張りプラスチックカバーをあらかじめ外してたんで、このときにも他の内装部分が異常ないことは確認していたのですよ。
それにしても、このガラス屋、絶対に俺達は壊してないと言い張り、挙句に、
「金を払えば文句ないやろうが! なんぼや?」
ですからねー。
壊してない自信があるのだったら、こっちの連中は弁償などしませんから、こんなことを言うこと自体、自分で壊したと認めているようなものなのですが、そこまで頭は良くないようです。

「どうせ部品取りの車や。もういいからガラスを交換してくれ、壊したものは仕方がない。」
と行ったら逆ギレ!
コイツラ、道具を片付けて帰ってしまいました。
あくまでも自分達は壊してないと言い張る割には、逃げるように帰っていきました。

さて、別のガラス屋に、今度はテールゲートごと外して持っていってガラスを外して欲しいというと、
「ガラスがきれいに外せる保証はないが、50ドル出すんだったらやってやる。」
すごいでしょ?
すべてのリスクはユーザー持ちだそうですわ。
こんなの、子供だってやりますわ、そりゃ、壊しても保証しなくていいんですから、50ドル丸儲け。
最低賃金が月に150ドルの国ですよ!
まったく、とんでもないガラス屋です。
こうやって評判を落としていくというのがわかってないようです。
もう、今後、吹聴しまくりますから・・・

結局、ゲートごと交換して、つっかえ棒で対応することにしました。
ショックアブソーバーは無しです。

ただ、作業中にあることを発見したので、何とかなりそうですが、これはまた後日チャレンジすることにします。

それにしてもGM、立ち上がりのモデルのゲートの保持力がイマイチ(ちょっと下げると、突然閉まる!)だったのをショックアブソーバの取り付け位置変更で対応しているのはいいのですが、中古部品としての使用まで考えてはなかったようです。(まぁ、売ったらおしまいですから・・・)

初期設計のミスを発売後の顧客からのクレームでこっそりと設計を変えるなんて、顧客を無料テストドライバー(実際には金を払って購入後にテストをさせられているというとんでもない状況なのですが・・・)と考えている世界一になりそうなコストダウン命の売国自動車屋みたいですね。
http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=707
posted by サバ57_7 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

部品取り車がやっと手元に

やっと部品取り車が手元にやってきました。

DSC00521.jpg

長かったですねー、ここまでの道のりは・・・
フェンダーの傷は、リヤホーシングが走行中に抜けて激突したためです。
こっちのバンパーのほうがモノがいいので、これも交換したいですね。

とりあえず、サクッとテールゲートガラスを枠ごと交換しようと思ったら・・・、ショックアブソーバの位置が違うことが現物合わせで判明!

これは後日交換ということにします。

明日から3日程サーフィンの大会があるのでこの車がトランポになってしまい、ガラスは未交換で出かけることにします。
なお、私はサーフィンはやりません、見るだけです。
posted by サバ57_7 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(1) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

部品取りが出来ない! その4

また行ってきました。

乗換えを含めると片道1時間半以上バスだとかかるのですが、往復で3時間以上かかるところでやったことは・・・、
サイン2箇所・・・、
バカにしとるんかい!

本当に、役所仕事は遅い上にたらい回し状態です。

これで本当に木曜日に引取りが出来るのか???

不安ですねー。
posted by サバ57_7 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。