2008年04月27日

点火系パーツのリフレッシュ (1)

最近、燃費があまりよくないので、ちょっとパーツ交換歴を確認したところ、点火プラグが前回の交換から2万kmほど使用していたのでした。

プラグコードは、このサバを買ってからすぐに部品取り車のものと交換しました。これらは、約2万km使用したものでした。

ディストリビューターキャップ、ローターは、前回の交換から2万5千km以上使っていました。

今回は、ディスキャップ、ローターを交換して様子を見ましたが、さほど体感上の変化はあまりなく、気持ち始動性が良くなったかな? という程度でした。かなり走行していていたのですが、さすが、常用回転数が1500rpm程度の低回転型エンジン、回転数が低い分、長持ちするようです。
でも、ローターを外す際にサビとシャフトに付いていたであろうというグリスがで焼き付いて固着していたので、ローターを壊して取り去りました。
こういうとき、交換部品が手元にあると、躊躇なく壊せるのがいいですね。
ローター取り付けの時には、しっかりと銅グリスを塗ってきました。

しかし、コイルからディスビまでのをあわせると全部で9本あるプラグコードを間違えないようにつなぐのは結構神経を使います。本当にこれでいいのかと聞かれると、多分、としか答えられませんが、普通に動いていますから、大丈夫なのでしょう・・・、でも心配でしたので、TILTONのマニュアルで確認しました。でもこれ、CDなんで、本のようにパラパラめくって探せないのが難点です。

ちなみに、日本車ではないので、安い社外パーツを買ってもパーツはアメリカ製かメキシコ製で、結局は純正品の納入メーカーが作っているOEMということになって多少の外観不良を除けば機能的には全く純正品と同等です。
これがやたら朝鮮や支那製のバチもんパーツが出回っている日本車の社外パーツとは異なるところです。

ついでに、キーをなくしたときにタンクキャップのキーも一緒になくしたので、これを壊して外し、台湾製の安物からFRAM(アメリカ製)のものに交換しました。値段は台湾製の1.5倍でしたが、作りは遥かに良かったですね。

雨期に備えてワイパーブレードも交換しましたが、これは支那製しかそこの店に置いてなかったので、仕方なくこれにしました。DELCO純正品より少し短かったのですが、元々そんなに長くはないものなので、使用感は変わりませんでした。それよりも、このワイパーブレード、最初からスミコーのモリワイパーみたいな二硫化モリブデンが塗ってあったのにはびっくりしました。

これだけの部品代は・・・

ディスキャップ      12ドル
ディスローター       3ドル
カギ付タンクキャップ   10ドル
ワイパーブレード・2本   10ドル

前回のディスキャップとローター交換は、2005年の暮れ時点で、合計37ドルほど純正部品代がかかっていましたので、社外品は安いことがわかります。

やはり、アメ車のパーツの安さが実感できたのでした。

その2へ続く



posted by サバ57_7 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。