2009年12月26日

走行距離がかさむと次々に部品交換が必要になってしまう・・・


後輪のホイールベアリングを交換する必要性は以前からあったのですが、まぁ、これをやろうとしてデフカバーを開けてホーシングの抜け止めを外そうとしたら、あちこちの不具合を発見!

後輪のブレーキシューの右側の一枚の摩擦材が剥離!
ペラ軸のデフ側十字ジョイントがガタガタ!

他は前から気になっていた前輪のボールジョイントのアッパー側が予想通りガタガタ・・・

点火プラグは電極が消耗しまくり・・・まぁ、標準電極材料のNGK・Vカットプラグを2万5千キロも使ったので、当然です。
プラグだけは1本が約3ドルと安価ですから、8本必要とはいえ、財布にはやさしいです。

後輪のベアリングを交換するには当然オイルシールも交換です。
今回は結構な部品代になりました。

全部交換したあとは、前輪のガタガタ感が減り、アクセルの追従性も良くなり、デフからの異音(十字ジョイントからのものも含む)もなくなり、快適になりました。

やはり、道が悪い分、傷みも早いですね。

そしていつもながら感動するのは、
"部品を買いに行ったら、その場で揃う"
ということです。

次は前輪ボールジョイントのローワー側とタイヤでしょうか・・・
それにしても、道が悪いせいで消耗が早ーい、のでした。



posted by サバ57_7 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。