2008年08月20日

裸足がタイヤを履いている・・・


今回は、2度目の修理となるへドライとのコネクタ交換です。
とはいっても、私のではなく友人の日産・パトロール(日本名はサファリ)です。

元々この車の最初の消灯トラブルは、左側ヘッドライトが点いたり消えたりするから見てくれということで始まり、確認したらH4バルブのメス側コネクタが溶けていたので、部品を買ってきて電線を切り、圧着スリーブを使って交換したのでした。
H4バルブのオス側端子そのものも熱でメッキが焼けていたので、リューターに真鍮ブラシを取り付けて磨き、銅グリスを薄く塗って仕上げました。
電球は取りあえず使えるけれども、熱で端子が傷んでいるので早めの交換を勧めておきました。

3週間ほどして、また消灯しっぱなしな上、インパネのハイビームインジケーターまで点灯し放しとのことで確認すると、前回と同じところが焦げ、溶けて断線していました。
電球は交換せず、そのまま使っていたとのことで、ある意味、心配していた通りになりました。

今回はH4メスコネクタだけではなく、電球も調達していき、前と同じように交換しましたが、今回はまた同じ壊れ方をしたらかなわないので、電球は左右を交換、つまり、新品を右側、元々ついていた右川のものを修理した左側へ取り付けました。
しかも、今回は、電線の接続は次回の最悪の展開時のため、ギボシ端子で接続しました。

この修理ですが、電線を加工する隙間がないために、グリルから車幅灯アッシーまで外し、やっとヘッドライトが外れる構造なので、面倒なのですよ。

この修理途中にハプニングが・・・
端子の焦げている電球をショート確認でもしようと地面の上に置いていたら、何気に、
「パリーン」
という音が・・・
そう、踏みつけられて割られたのでした。
どうせ使う気はなかったので壊れてもかまいませんでしたが、踏みつけたのが裸足だったんですねー。
しかし・・・踏んだ本人は何ともなかったのですよ。
普段裸足で歩き回っているので、足の裏が草履みたいに厚くなっているのでした。
人間の体ってスゴイ! と思いますね。

この時の配線確認でわかったんですが、このパトロール、ライトリレーがないんですよね。
リレーボックスには書いてあるんですが、対応する場所はがらんどう・・・、と、いうことは、コラムスイッチから直配線でライトまで行っているってこと?
ヒューズがあるとはいうものの、コストダウンを感じてしまいました。
こんなのに100Wバルブをつけると・・・当然配線は焦げますねー。
日本と違ってヨーロッパ製のハイワッテージバルブを売ってるんですから、つけたあとが怖いですね。

ということで、ヘッドライトがらみでした。

ちなみに、私のセカンドカーは、半導体リレーを追加し、H4の160Wバルブを左右につけていますので、対向車がハイビームのまま来たときは素早い反撃をします。対向車が一瞬ビビル反応が面白いです。
同乗者もびっくりする明るさです。時々対向車がハイビームのまま下げないのでこちらもハイビームて対抗していたら、パトライトを点けられることがあります。
警察車がライトを下げないのがタチの悪いところですが、対向車なので、まぁ、追いかけられることはないでしょうから、放っておくことにしてます。




posted by サバ57_7 at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。