2008年04月27日

点火系パーツのリフレッシュ (2)

さて、最後に点火プラグを交換しようと部品を買ってきました。

前回はDENSOのイリジウムにしたのですが、寿命が長いタフシリーズにはアメ車用のコニカルシートタイプがなかったので、普通のものでした。
本当に寿命は普通のプラグと一緒で、2万km走行前くらいから始動性がなんとなく悪くなってきました。普段のエンジンの使用回転数が低いので、少しは長く使えるかと思いましたが、そうでもないようです。
コストパフォーマンスは良くないことがわかりました。しかし、日本で1本1800円のものが、どうして外国で7ドルちょっと(当時のレートで900円弱)で買えるのか不思議です??? 
ちなみに、8本で58ドルでした。
一度1万km走行時に1番シリンダのプラグを外してチェックしたのですが、結構いい感じだったので、2万kmでこんなに走行フィーリングが変わるものだったのが以外です。

今回は、イリジウムではなく、CHAMPIONのプラチナ・パワーというのにしました。(イリジウムが品切れで売ってなかった。)
8本で33ドル弱、1本が4ドル強です。日本でプラチナプラグを買うと高いので、この値段は以外ですが、アメリカでボッシュのプラチナプラグを買っても3年位前で3ドルくらいでしたから、まぁ、こんなものでしょう。
接地電極にまでプラチナコーティングがしてあるものは輸入してないとのことで、中心電極だけがプラチナ使用のものです。これも寿命は普通のと同じらしいですが・・・


さぁ、プラグを交換するぞ! と思ってボンネットを開けようとしたら・・・、なんと開きません。
え?、なんで?
ここのところ、開けるのにラッチ部分をたたいて開けるようになっていたのですが、これでもダメでしたので、詳しく確認すると、ラッチ部分のグリスに砂埃がこんもり溜まって動きが渋くなっていました。
結局、外してブレーキクリーナーで掃除をし、スプレーグリスを塗って解決しましたが、結構時間ロスです。
まぁ、10万km超えていますから、埃の多い国ですから普通なんでしょうね。

そして、プラグ交換です。ようやく交換にこぎつけました。このとき、プラグのネジ部に銅グリスを少量塗ってみました。コニカルシートタイプはガスケットがないので気を使いますね。
交換そのものは30分で出来ます。8本ありますが、エアクリのレゾネーターを外すだけなので、楽勝です。
これがシリンダー毎にインジェクターのあるSFIだったら・・・、こうはいきません。シンプルなTBIならではです。


さらに、総走行距離から考えてO2センサーも交換しました。
とりあえずデジタルテスターで電圧を確認したら、スロットルを煽りながらエアクリケースの吸入口を手で塞いでも電圧が上がらない・・・、ということは、常にリーン信号が出ているということでTBIは常に増量をかけていることになります。これは燃費の悪化につながりますね。
これの交換は、簡単です。取り付け部にWD−40をスプレーし、22mmのレンチをかけて、力いっぱい回すだけ、なのですが、結構硬いので、レンチ2本がけをしてしまいました。正しい工具の使い方ではないのですが、緩まない以上、仕方ありません。
取り付けはカジリ防止に銅グリスを塗りました。いいですねー、銅グリス、活躍してくれます。

今回の部品代は・・・

  点火プラグ8本   33ドル

  O2センサー     33ドル

でした。

それにしても、O2センサーの安さが突出しています。日本車の純正部品だと、ゼロが1つ多くなりますからね。

やはり、アメ車パーツは安い、のでありました。

しばらく、燃費の変化を気にしてみることにします。

それにしても、急に始動性が良くなるのは、気持ちいいものです。


posted by サバ57_7 at 13:50| Comment(3) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点火系パーツのリフレッシュ (1)

最近、燃費があまりよくないので、ちょっとパーツ交換歴を確認したところ、点火プラグが前回の交換から2万kmほど使用していたのでした。

プラグコードは、このサバを買ってからすぐに部品取り車のものと交換しました。これらは、約2万km使用したものでした。

ディストリビューターキャップ、ローターは、前回の交換から2万5千km以上使っていました。

今回は、ディスキャップ、ローターを交換して様子を見ましたが、さほど体感上の変化はあまりなく、気持ち始動性が良くなったかな? という程度でした。かなり走行していていたのですが、さすが、常用回転数が1500rpm程度の低回転型エンジン、回転数が低い分、長持ちするようです。
でも、ローターを外す際にサビとシャフトに付いていたであろうというグリスがで焼き付いて固着していたので、ローターを壊して取り去りました。
こういうとき、交換部品が手元にあると、躊躇なく壊せるのがいいですね。
ローター取り付けの時には、しっかりと銅グリスを塗ってきました。

しかし、コイルからディスビまでのをあわせると全部で9本あるプラグコードを間違えないようにつなぐのは結構神経を使います。本当にこれでいいのかと聞かれると、多分、としか答えられませんが、普通に動いていますから、大丈夫なのでしょう・・・、でも心配でしたので、TILTONのマニュアルで確認しました。でもこれ、CDなんで、本のようにパラパラめくって探せないのが難点です。

ちなみに、日本車ではないので、安い社外パーツを買ってもパーツはアメリカ製かメキシコ製で、結局は純正品の納入メーカーが作っているOEMということになって多少の外観不良を除けば機能的には全く純正品と同等です。
これがやたら朝鮮や支那製のバチもんパーツが出回っている日本車の社外パーツとは異なるところです。

ついでに、キーをなくしたときにタンクキャップのキーも一緒になくしたので、これを壊して外し、台湾製の安物からFRAM(アメリカ製)のものに交換しました。値段は台湾製の1.5倍でしたが、作りは遥かに良かったですね。

雨期に備えてワイパーブレードも交換しましたが、これは支那製しかそこの店に置いてなかったので、仕方なくこれにしました。DELCO純正品より少し短かったのですが、元々そんなに長くはないものなので、使用感は変わりませんでした。それよりも、このワイパーブレード、最初からスミコーのモリワイパーみたいな二硫化モリブデンが塗ってあったのにはびっくりしました。

これだけの部品代は・・・

ディスキャップ      12ドル
ディスローター       3ドル
カギ付タンクキャップ   10ドル
ワイパーブレード・2本   10ドル

前回のディスキャップとローター交換は、2005年の暮れ時点で、合計37ドルほど純正部品代がかかっていましたので、社外品は安いことがわかります。

やはり、アメ車のパーツの安さが実感できたのでした。

その2へ続く

posted by サバ57_7 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

サバのカギを落とした

先週、海に行っているときにサバのカギ等を束にしたキーホルダーを紛失してしまいました。
しかも2度も・・・

1度目は、紛失に気付いたときからの行動をさかのぼって、心当たりのあるところを探したらすぐに出てきました。
マンゴの木から塀に飛び移る際、そこから2メートルくらいの高さのところより落下してシリモチを付いたので、そこを重点的に探したら、即行で見つかりました。

2度目、1度目と同じことをするも見つからず、結局翌日バスでアパートまでとりに帰りました。
車だと1時間半程度(昼間)なのですが、2時間以上かかりますから、結構疲れます。
でも、運賃はガソリン代の1割そこそこなので、コストパフォーマンスは抜群ですけどね。

オリジナルのカギを持って歩くのは紛失したら最後、もう後がなくなるため、コピーしに行くことにしましたが、首都のカギ屋をあまり知らない私は、10年以上前に何度かいったことのある大通りのカギ屋へ行って値段を確認したところ、なんと3ドル! 高ーい・・・
ちなみに、以前首都ではないところに住んでいた時に作った同じカギの値段は75セントだったので、それが頭にあったのでした。

結局そこでは作らずに、たまたま寄ることの出来たホームセンターへ行くと、なんと・・・82セント! 安ーい!  
すぐに作ってもらいました。

結局、コード番号で管理されてないところは人を見て吹っかけるんでしょう、やはり、まずはホームセンター、それからですね。

それ以後、カギはクサリでズボンに引っ掛けるようにしています。
伸縮するヒモが良いのですが、これがないので長さの関係で運転中は取り外さないといけないので、ちょっと不便です。
でも、落としたらそれどころではないので、今後は我慢するしかないでしょう。

相変わらず、吹っかけられてしまう今日この頃なのでした。
相場がわかっているので適当に値切ってみてダメなら、吹っかけられたところで買わずに次を探す、これが一番ですね。
posted by サバ57_7 at 04:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

またスタータが・・・

またスタータが始動不良になってしまった・・・

この症状、他人が見ると単なるバッテリー上がりの症状なんで、エラソーにウンチク垂れながらやってくるヤツが妙にムカツクのでした。

今回は出先の海岸で、さぁスタートしてそこのチビを学校に連れて行こうか・・・、という日の早朝に起きたので、えらい迷惑をかけてしまいました。
当然、学校は休んでもらいました。

ただ、もう2回も起きている症状ですから、取り外しは即行で出来る上、確認もブースターケーブルと、ちょっとしたリード線でOK。

今回も、自称元モトクロス選手のアメリカ人が来てガチャガチャやっていきましたが、結局スタータを外して直結しても回らないところを見て納得させました。
そしたらコイツ、ドライバでスタータをドツキはじめ、
「シボレーのスタータは、これで回り出すことがあるんだ。」
とのこと。
確かに、数回ドツクと回り始めました・・・、が、このままで組んでも所詮またバラす羽目になるのは目に見えているので、結局スタータの修理を電装屋に持って行ってしてもらうことにしました。

しかし、現地の友人に聞いて教えてもらったところに持っていくと、とんでもなく吹っかけられたので、そこは断り、その日はあきらめました。
バラしてハンダ付けし直すだけ、スタータ本体の掃除は元々綺麗になっているのでほとんどしなくて良いにもかかわらず、25ドルですからねー、やってられません。
過去の二度修理は、首都のシボレーディーラーで顔見知りだったとはいえ、タダでしたし、作業内容も見ていますから、吹っかけられているのは良くわかりました。

さて、翌日、別の電装屋へ行くと、担当者が留守なんで後2時間待てといわれたのですが、前日の話をすると、
「ボッタくられたねー、使うのはハンダとグリスくらいやから、いって10ドルやろう。」
とのことでした。私の予想と同じでした。

結局、修理してもまた同じことに近い将来なるでしょうから、部品取り車から外すことにして、必要な工具を持ってバスで2時間かけて行ってきました。
外してみると、93のは95のよりもかなり重い!
取り付け部は同じでしたので、交換は可能と判断して持って帰りましたが、かなり機能的な部分で充実していたものの、中身は簡略化されているので軽いのでしょうね。
外観では、93のものは電線の取り付くボルトやナットの部分が普通の鉄でしたが、95のものは銅になってました。導電性向上ですかね。
でも、軽くなっているということは、中の銅が減らされているということなので、総合的には???

さて、またバスで2時間かけて持って帰りましたが、その途中にバスを降ろされて身体検査と荷物の検閲・・・、そう、検問にあいました。
リュックは小さいものの、中身が重いので不審がられましたが、とりあえず何事もなく済みましたが、15分以上のロスでした。

帰ったら暗かったので翌朝の日の出とともに作業開始・・・、日が出ると暑くなるので、これは大事です。
ただ、93のスタータはそれまで外した形跡が全くないため、ピニオンが痩せていたのは当然として、汚かったですねー。
ブレーキクリーナを1本丸々使ってしまいました。

この93のサバですが、23万km以上走行しているので、モノは使い込んであるにもかかわらず、スタータに関してはノントラブルですね。

その後何ともないので、いつまで持つか楽しみです。

やはり、鉛フリーハンダでないものは、鉛フリーハンダに比べて、使用条件が厳しいところになると、耐久性があるのかもしれません。

それにしても、知ったかぶりっ子の現地人メカニック、毎度のことながら頭にきますが、かわいそうな連中だと思えば腹も立ちませんので、無視することにしています。
次はどんな知ったかぶりっ子をされるのか、楽しみです。
posted by サバ57_7 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。