2008年01月13日

USB USBポート付きカーオーディオ

ブレさんのところで紹介されていたUSBポート付きカーオーディオ(http://bure55.seesaa.net/article/78080657.html)ですが、私としては、ipodをEIAJステレオピンジャックでAUX接続したらこれの素性の悪さがすぐにわかることもあり、カーオーディオメーカーで音楽データ直接再生をするために商品化されたのものと理解しています。

データのバイトあたり単価がHDDは他の記録メディアに比べると相当安いので、この考え方はいいと思います。
が・・・、カーオーディオ本体が再生できるビットレートにかなり制限を受けるので、パソコンに音楽データを取り込む際のビットレートがカーオーディオ側に対応していないと、ビットレート変換をしなければなりません。
これは相当時間がかかります。

まぁ、私のはSONYなので、SONY独自のフォーマットに対応していますが、他のメーカーはどういった感じなのでしょうね?

ちなみに、私は60GBの1.8インチHDDをケースに入れて使っています。
モノは
DSC00891.JPG

実際に使用するにあたってはドリンクホルダーに隠して、
DSC00892.JPG

こんなふうになっています。

ただ、USBの最初の認識に時間がかなりかかり、立ち上げ後数分間は待たなければなりません。
一旦認識された後は、電源を切らない限り、CDを聞こうがラジオを聞こうが、すぐに切り替え可能です。

このHDDですが、バスパワーで外部電源が不要なので、結構使えます。
元々、パソコンのHDDクラッシュに備えて買い、外部HDDとして使っていたものが、こんな形で役に立つとは思いませんでした。

それにしても、音楽が入りすぎているので、どこに何が入っているのかわからないのがツライところです。
何せ、一番安いモデルなので、仕方ないのですが・・・。
上位機種にはツリー表示ができるものもありますが、どうせ運転中は触れませんから、私にとっては、これで充分ですね。


posted by サバ57_7 at 17:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

峠道を走ったら・・・

先日、ちょっと所要で隣の州都へ行ってきました。

この時の帰り道、人との約束の場所まで行く途中に工事渋滞に遭ってしまい、とりあえず、知ってはいるものの通ったことのない山越えをすることにしました。

単に帰宅するだけなら、この道は通らなくて良いのですが、外せない用事だったのでした。

この山越えですが、山梨の御坂の峠を思い出すような道でした。
この御坂峠、以前はトンネルが有料で結構高かったため、タダの峠道を良く通ってました。
この時の経験が峠道やクネクネ道を走っても平気でいられるような気がします。

今回の山越え道、あまり人が知らない上に標高が1500mを超えるところになり、パワーダウンが著しいことも手伝い、対向車も少なく結構楽しめました。
ちょっと治安に問題があるのですが、止まるわけではないので、気にしないことにしました。
走行中は時々タコメーターが空回り状態になりましたから、駆動輪がインリフト状態になっていたようです。

それにしても、サバの5.7リッター・V8・TBIエンジンは最高出力こそ大した表示ではないですが、中速度域までのパーシャル域は、いい感じですねー。

しかし、翌日・・・、首と背中が痛くなりました。
慣れない事はするものではありません。
寄る年波には勝てないようです。
ちょっと鍛え直さないといけないですね。

そしてその2日後に、油圧の下がり気味が顕著なオイルを交換しました。
4千kmしか使ってないのにちょっともったいないですが、油圧が下がるので仕方ありません。

この件はまた次回。

posted by サバ57_7 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。